サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> JavaScript >> テキストエリアの入力文字数を超えたら警告する

テキストエリアの入力文字数を超えたら警告する

 IE 3.0↑    NN 4.0↑
オススメ度:    設置難易度:


サンプルと機能

Sample 1:テキストエリアの入力文字数を超えたら警告する

テキストエリアの入力文字数の制限を行います。
実際には、警告を行うだけなので、そのまま送信することは可能です。


サンプルスクリプト

緑の文字が変更箇所で、赤い文字が対応するスクリプトです。
"//"以下はコメントです。削除しても影響ありません。
必要な箇所をコピー&貼り付けして編集してください。

Sample 1:テキストエリアの入力文字数を超えたら警告する
<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
// 複数テキスト領域の入力文字数を超えたら警告する
function restChar() {
  n = document.formN.textN.value.length;
  if(n > 20) alert("テキストは20字以内でお願いします");
}
//-->
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY bgcolor="#ffffff">
テキストは20字以内でお願いします。
<FORM name="formN">
<TEXTAREA rows="3" size="45" name="textN" onChange="restChar()"></TEXTAREA>
</FORM>
</BODY>
</HTML>


解説・注意点など

テキストエリアから離れようとした時に警告ウィンドウが表示されます。


 
 

JavaScriptに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, JavaScript Samples. All rights reserved. - Home