サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> JavaScript >> アクセス時間によってメッセージを変える

アクセス時間によってメッセージを変える

 IE 3.0↑    NN 2.0↑
オススメ度:    設置難易度:


サンプルと機能

Sample 1:アクセス時間によってメッセージを変更する

アクセス時間によってメッセージを変更します。
ホームページのちょっとしたアクセントに使えます。
サンプルは3時間単位で変更していますが、1時間単位や6時間単位なども可能です。


サンプルスクリプト

緑の文字が変更箇所で、赤い文字が対応するスクリプトです。
"//"以下はコメントです。削除しても影響ありません。
必要な箇所をコピー&貼り付けして編集してください。

Sample 1:アクセス時間によってメッセージを変更する
<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<BODY bgcolor="#ffffff">
アクセス時間によって以下のコメントを変更しています。<BR><BR>
<FONT color="#0000ff">
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
// 現在時刻に合わせて文字を変える
h = (new Date()).getHours();
if((h >=  0) && (h <  3)) document.write("午前0時を回りました");
if((h >=  3) && (h <  6)) document.write("もうすぐ夜が明けますね");
if((h >=  6) && (h <  9)) document.write("おはようございます!");
if((h >=  9) && (h < 12)) document.write("お昼ごはんは何にしましょう?");
if((h >= 12) && (h < 15)) document.write("眠くなってくる頃ですね");
if((h >= 15) && (h < 18)) document.write("お仕事頑張ってますか?");
if((h >= 18) && (h < 21)) document.write("こんばんは!");
if((h >= 21) && (h < 24)) document.write("もうすぐ寝る時間ですね");
//-->
</SCRIPT>
</FONT>
</BODY>
</HTML>


解説・注意点など

1時間おきにするには、
if((h >= 0) && (h < 1)) document.write("テキスト1");
if((h >= 1) && (h < 2)) document.write("テキスト2");
といったように、数を1ずつ増やしていきます。
同様に、2時間おきには2ずつ、6時間おきには6ずつ増やします。


 
 

JavaScriptに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, JavaScript Samples. All rights reserved. - Home