サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> JavaScript >> 外部ファイルの読み込み方

外部ファイルの読み込み方



機能

JavaScriptは、HTMLファイル内に直接記述する方法以外に、
外部にJavaScriptを記述したファイルを置き、<SCRIPT>タグ内で「src」オプションを用いてURLを読み込み実行することができます。

指定したファイル内には、前後の<SCRIPT>タグを省略したソースコードを書き、
拡張子は「.js」にします。


サンプルプログラム・ソース

緑の文字が変更箇所で、赤い文字が対応するスクリプトです。
"//"以下はコメントです。削除しても影響ありません。
必要な箇所をコピー&貼り付けして編集してください。

警告ウィンドウを表示する」を外部ファイルから呼び込む場合。

読み込むファイル
<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
<SCRIPT src="sample.js"></SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
下のリンクをクリックすると警告ウィンドウが表示されます<BR><BR>
<A href="http://aeu.jp/cs/js/" onClick="alt()">TOPページに戻る</A>
</BODY>
</HTML>

外部ファイル(sample.js)
// 警告ウィンドウを表示する
function alt() {
  window.alert("TOPページに戻ります\nこれは警告です");
}


解説・注意点など

この方法はサイト内の複数のページにわたって同じスクリプトを使う場合に有効です。
このサイトでも、検索部や画像の入れ替えなどのスクリプトを別ファイルから呼び出しています。
こうすることによって、1つ1つ全てのページに書いていたスクリプトをたった一行で呼び出すことが可能です。

また、この方法はJavaScriptのソースコードを見られにくくしますが、.jsファイルのアドレスを指定すると簡単に見ることができます。


 
 

JavaScriptに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, JavaScript Samples. All rights reserved. - Home